引越しにまつわる豆知識やお得情報を掲載しています。

引越し情報うぇぶ

引越しのコツ

引越しで小さい子供がいる時にスムーズに進める手順について

投稿日:

引越し 子供引越しで、小さい子供を抱えて荷造りしたり移動したりするのは思った以上に大変なこと。そこで引越し当日に段取りが悪くならないように、引越しで子供がいる場合にスムーズに進める手順について覚えておきましょう。

 

押入れを活用しよう

引越しで子供がまだ小さい家庭は、荷造りの段階からいたずらされたり子供が危険なものをいじってしまったりする心配がありますよね。安全に荷造りを進めるためには、まず押し入れの中身を梱包していきましょう。

衣装ケースはそのままで、収納されていないものを段ボール箱に入れて押し入れのなかにきっちりしまっておきます。

奥からどんどん出来上がった箱を押し込んでおけば、押し入れ内にスペースができるので、ほか部屋の荷物一時収納しておくにも便利。押し入れと室内を同時に進行させると、子供が遊ぶ場所もなくなるのでご注意くださいね。

 

役所関係の手続きを忘れないこと

引越しでは幼稚園や保育園の手続きや、児童手当の受給に関する移動の手続きが必要になります。平日しか受け付けない場合も多いので、旦那さんに子供を見てもらうわけにもいきません。

この場合は直接市役所に行く前に、転居に関する手続きでなにが必要か、持参すべき書類や印鑑などもすべて事前に確認しておきましょう。

また手続きは時間がかかることも考えられますので、子供が小さい場合は飽きないようにおもちゃやおやつを持参すると安心ですね。

 

引越し当日はできれば子供は預かってもらうこと

引越し当日、子供がうろうろしていると業者にも迷惑がかかり、子供が怪我をすることも考えられます。大変危険なので引越し当日は子供を誰かに預かってもらうと良いでしょう。

もしくは旦那さんに引越しを任せて、お母さんは子供に付きっ切りになる方法でもいいですね。預かってもらう場合は、家族や友達、また一時保育を利用するのも安心です。

生後間もない赤ちゃんだと、おむつ替えや授乳などでお母さんは引越しどころではありませんよね。引越し当日までは子供が寝ている間を活用するなど、できるところまで進めておいて、あとは引越し業者にお任せで、梱包からすべてを依頼するのもひとつの方法です。

 

まとめ

引越しで子供がいると何かと作業が遅れてしまいます。スムーズに進めるためには段取りをしっかり立て、早めに準備を始めましょう。

また引越しが落ち着くまでは子供もストレスを感じやすいので、時間がある限り子供と過ごす時間も大切にしてくださいね。

引越し先では万が一子供が体調を崩した時にすぐに行ける病院なども確認して、安全を第一に引越しを成功させてください。

-引越しのコツ
-,

Copyright© 引越し情報うぇぶ , 2018 All Rights Reserved.