引越しにまつわる豆知識やお得情報を掲載しています。

引越し情報うぇぶ

引越しのコツ

引越しで食器をプロ並みにうまく梱包するテクニック!

投稿日:

引越し 食器引越しの食器の梱包はとても手間になりますが、適当にやってしまうと破損をする恐れもあるため手抜きができません。

食器の数は意外と多く、荷物の中でも場所をとっています。ではどのようにすればスムーズに梱包できるのか、引越しで食器をプロ並みにうまく梱包する技をご紹介しましょう。

 

お皿は立てて梱包する

食器は面倒でもまとめて梱包せずに、お皿も1枚ごとに包んで梱包します。新聞紙を使ってしっかり包んだら、段ボール箱に立ててどんどん詰めていきましょう。

上に重ねるようにすると、重量で下のお皿が割れてしまう可能性があるのでご注意くださいね。

最後段ボール箱のふたを閉めた時に膨らんでしまう場合は、箱の大きさを余裕のあるものに変えてしっかりふたを閉じるようにしてください。

引越し直前に全部の食器を梱包するのは大変ですから、生活に必要なアイテムだけを残しんどん梱包しておきましょう。

箱には後で中身がわかるように詳細を書いておくか、時間があれば中身を写真に撮影してプリントアウトしたものを箱に貼り付けても良いですね。

 

ワイングラスやコーヒーカップの梱包

ワイングラスや持ち手のついたコーヒーカップの梱包は、かさばってやりにくいアイテムです。しかし箱にパンパンに詰めてしまうと破損する可能性がありますので、まず梱包する段階で、クッションになるようにしっかり包みましょう。

ワイングラスは、足の細い部分を最初に新聞紙などで梱包。そして全体を一緒に梱包して丸い筒になるような包み方を意識してください。

コーヒーカップの持ち手も、ワイングラスの足と同様に最初に新聞紙でくるみ、最後に全体を梱包します。持ち手部分がほかの食器とぶつかっても安心なように、持ち手内に紙を詰めるようにすると良いでしょう。

また牛乳パックのあまりを使ってカップ用の仕切りにするなど、時間がある時はオリジナルで梱包グッズを考えるのも楽しいですね。

 

便利な梱包資材について

食器の梱包で便利に使えるものが古新聞。しかし最近は新聞を購読していない人も多く、その場合は市販の梱包資材を購入しましょう。

プチプチでおなじみの緩衝材や食器用のシート、ウレタンフォームなどがあります。また引越しで食器を梱包するなら、荷物を活用して洋服やタオルを使って梱包するのも良いでしょう。

食器の梱包資材は一度使用しただけで、再度使うチャンスが少ないですよね。梱包資材を購入するにも費用がかかりますので、引越しのコストを抑えたい場合は家にあるものをうまく利用しましょう。

 

段ボール箱に詰めすぎないこと

引越しの食器梱包でよくやってしまう失敗が、量をたくさん詰めすぎて箱の底が抜けてしまうこと。割れ物なので万が一このような失敗をすると、高価な食器だとかなりのダメージに。

引越しは食器だけではなく、本なども重くなりやすい荷物です。大きな段ボール箱だと一杯に詰めすぎて、箱が重量に耐えられない場合もありますし、重くて運べないことも。

食器を入れるダンボール箱は、中サイズ程度のものをいくつか使ったほうが安心です。または衣装ケースを使うと中身が見えるので、引越し先で仕分けする際にも便利でしょう。

もし引越しでいらない食器がたくさんある場合は、リサイクルショップに引き取ってもらう、もしくは処分するなど早めに選別してくださいね。

 

まとめ

引越しの食器梱包は割れ物の取り扱いであることを正しく理解して、新聞紙やタオルなどの緩衝材を使い破損しないように慎重に梱包しましょう。

キッチンの荷物は食器以外にも鍋や食料品など細かいものがたくさんありますよね。何かと神経を使う引越しですが、段取りよく楽しみながら行ってください。

どうしても苦手な人は、引越し業者に依頼して梱包からすべてやってもらうサービスを利用するのもいいかもしれません。

-引越しのコツ
-,

Copyright© 引越し情報うぇぶ , 2018 All Rights Reserved.