引越しにまつわる豆知識やお得情報を掲載しています。

引越し情報うぇぶ

引越し情報

退去時の掃除費用は敷金なしだと自腹?!敷金なし物件のメリットとデメリット

投稿日:

退去 掃除 敷金なし退去時の掃除費用は、敷金なしの場合はいくらぐらいの出費になるのでしょうか。賃貸物件の場合、退去時の掃除はできるだけしっかりやっておきたいもの。

でも忙しくて時間がない人もいるでしょう。敷金を払っているからそこから差し引いてもらえばいいと簡単に考えられる場合はいいのですが、もし契約時に敷金を払っていない物件の場合は、退去時のコストがとても心配になりますよね。

たとえ自分でしっかり清掃しても、必ずどこか手落ちの部分があり敷金はほとんど戻ってこなかったというケースが多くなっています。

そこで知っておきたいのが、敷金なし物件のメリットとデメリットについて。退去時の掃除費用、敷金がないとどうなるかも詳しくご説明しましょう。

 

敷金の目的について

退去 掃除 敷金なし賃貸物件を借りる時には、ほとんどの場合で契約時に敷金と呼ばれるお金を支払いますよね。敷金は家賃の1~3か月ほどの高額な金額になる場合が多く、賃貸物件を明け渡しする際にその状況によって返金してもらえるお金です。

オーナーにとっては、借りた人が家賃を滞納したり部屋を汚す、壊すといったリスクがあり、それを保全したり補てんするために入居する前にお金を預かる目的があるのです。

現状を回復するための費用として捉える場合も多く、どこまでが敷金でまかなうものなのか、貸主と借主でトラブルになるケースもあるでしょう。

それに対して礼金は、日本古来から続く慣習です。大家さんに対して感謝の気持ちとして支払うお金なので、退去時に返金はされません。

 

退去時の掃除費用は敷金なしの場合はどうなる?

引っ越しをする際は、借りていた物件を契約時の状態に戻すことがほとんどの場合条件となっています。

そのため借主に支払い義務が発生するものとしては、タバコの焦げ跡や食べ物のシミ、フローリングの傷など。不注意によって発生したダメージや汚れが、修繕費に該当するものでしょう。

時間が経過して劣化するような、日焼けによる壁紙の変色や箪笥の重量による畳のへこみなど。暮らしている間に当然起こる傷や、汚れに関しての支払い義務に対しては発生しません。

引っ越しをすると必ずハウスクリーニングが入りますので、貸主が負担しなくてもよい部分は借主に請求できるのです。

退去時の掃除費用は敷金がない場合は自己負担になるため、支払いの割合については契約時にしっかりと理解しておく必要があるでしょう。

 

不当な請求をされた場合の対処

退去 掃除 敷金なし退去時の掃除費用として敷金なしの場合は、かなりの金額が請求されるケースもありますので、納得がいかない場合の請求に関しては大家さんに確認をとりましょう。

また借りた時の規約には、どのように掃除費用に関して記載されていたか、実際に請求の対象になる傷や汚れがどの程度の大きさなのかも確認してください。

クロスの汚れなどは経過年数による要因もありますので、不当な請求をされないように入居時と退去時は気になる箇所を写真で手元に残しておくことをお勧めします。

 

敷金なし物件を借りる前に知っておくべきポイント

賃貸物件を契約する際には敷金や礼金、初月の家賃などがかかりますので何十万円もの出費になります。

そのため貸主は賃貸物件を長期間空室にしないでうまく回転させるため、礼金・敷金なしを売り文句にするケースが増えているのが現状でしょう。

一見お得に見えるこの物件ですが、借りる前に注意しておくべきポイントがあるので覚えておきましょう。

 

メリット

退去時の掃除費用が敷金なしだと、自己負担になることを頭に入れても敷金なし物件は初期費用がかなり抑えられる点が最大の魅力でしょう。

契約時に、家賃5か月分ほどの費用を支払う必要のある物件も。その負担を考えれば、一人暮らしの人などは敷金なし物件のほうが移動はしやすくなりますよね。

賃貸契約を結ぶ際は仲介手数料がかかりますし、ほかにも火災保険料など意外なところで出費がかさみます。

敷金と礼金がなければ、引っ越し業者に支払う費用に充当できるのでコストを抑えて引越しをしたい時には最適でしょう。

 

デメリット

退去時の掃除費用が敷金なしだと請求されるように、デメリットとしては退去時の費用がかさむ点でしょう。ハウスクリーニング費用の相場は、1DKの場合で2万~3万円、さらに修繕箇所があればもっと請求される金額が高くなります。

支払いは、カード払いに対応してくれる不動産業者もいますが、通常は一括払いとなります。他にも敷金なしの物件はその分月額家賃が高くなる、すぐに引越しすると短期解約違約金が発生する、人気がない物件である、保証会社への加入が条件など。結局敷金を払うほど、費用が掛かるケースも多いでしょう。

 

まとめ

退去時の掃除費用は、敷金なし物件の場合は請求をされるため、契約をする際は規約に関して納得がいくまで理解しておくことが大切です。

メリットとデメリットもある敷金なし物件、契約する期間の長さなども考慮して損をしないように慎重に判断してください。

また退去時はできるだけ清掃や修繕を自分でできるところまで行い、出費を抑えることも高額な請求を避けるコツになるでしょう。

 

-引越し情報
-, ,

Copyright© 引越し情報うぇぶ , 2018 All Rights Reserved.