引越しのコツ

引っ越しの連絡をするところ・早めの準備でスムーズな手続きをしよう

投稿日:

引っ越し 連絡引っ越しは連絡をするところがいくつもあり、新生活をスムーズにスタートさせるためには事前にリスト化して手順よく手続きをしておかなければなりません。

引っ越しの連絡は主に住所変更が必要になるところですが、頭でざっと考えてもかなりの数が思いつきますよね。

注意したいことは連絡先によって、住所変更をするタイミングで不都合なことが生じてしまう場合。

料金未払いで、気がついたら旧住所のままだったということは避けたいですよね。引っ越しは何かとやることが多く、とくに重要な手続き関係はやり忘れると後が大変です。

そこで早速ですが、引っ越しの連絡をするところについて事前に準備するべきポイントをご紹介しましょう。

 

引っ越しが決まり次第連絡するところ

引っ越し 連絡引っ越し直前になると慌ただしくなり、手続きの漏れが出てしまう恐れがあります。それぞれの連絡先に合わせて、早めに行うところから済ませていきましょう。

 

不動産管理会社に連絡

まずはお住まいの引っ越しに欠かせない、管理会社や大家さんへの連絡があります。通常は、引っ越し1か月前という契約内容になっているところが多いもの。

しかし場合によっては、2か月前というところもあります。遅くなると賃料が発生する場合もありますので、引っ越しの連絡はわかり次第早めにやっておきましょう。

駐車場を借りている人は、家と同じタイミングで早めに解約手続きをしてくださいね。

 

インターネットプロバイダーと電話の移転

インターネットは生活必需品です。引っ越しをする際は新住所での取りつけ工事などもありますので、引っ越しと同時にネットが使える状態にするためにはなるべく早く引っ越しの連絡をしましょう。

春の引っ越しシーズンはとても混雑します。合わせてNTTの移転も、この際に手配しておくと安心ですね。

 

勤務先へ連絡

引っ越しが決まったら、勤務先に連絡をします。給与は扶養家族手当てや税金、またローンなどにも関係があるため、余裕を持って変更手続きをしてください。

 

引っ越しの1週間~2週間前に連絡するところ

引っ越しが近づいてきたらライフラインを中心に、生活に関する大切な住所変更手続きをします。

 

転出届

お住まいの役場に行き転出届を提出し、引っ越し先の役場で後日転入届を行います。役場に行った時には転出届以外にも国保や各種手当、国民年金なども同時に住所変更をしておきましょう。

 

学校関連

お子さんの学校の転校届ですが、まず通っている学校の事務所に問い合わせて必要な手続きを確認しておきます。

同じ市内や区内なら、どちらかというと簡単に済むこともあるでしょう。

 

ライフライン

生活に大切なライフライン。新生活で困らないために、引っ越しの連絡は欠かせません。引っ越し中にも電機や水道などが必要になるので、タイミングよく手続きをしましょう。

ライフラインは電気に水道、ガス、工事の立ち合いが必要なもの、引っ越しの連絡と同時に使用開始の手続きが一緒にできるものなど。引っ越しの2週間前には、必ず準備しておきましょう。

 

金融関係

銀行関係の住所変更は、オンラインでできることもあります。普段あまり使用しない銀行口座は、つい引っ越しの連絡を忘れてしまいますのでご注意ください。

ネットバンクやローンの返済口座、給与振り込み口座など、この機会にリスト化しておくと便利でしょう。

 

郵便局

新居に郵便物が届かない、という失敗は意外と多くあるようです。引っ越しをする前に、必ず郵便局に転送の依頼をしましょう。

住所変更をしても、タイミング悪く旧住所へ配達されるものもあります。そこで郵便局の転送依頼をしておけば、一定期間は旧住所宛の郵便物が新居へ配達してもらえます。

 

保険関係

生命保険や学資保険、火災保険などは、契約の保険会社に速やかに引っ越しの連絡をしておきます。

保険金の申請をする際にトラブルにならないように、忘れずにやっておきたいことですね。

 

NHK

NHKへの引っ越し連絡はつい後回しになりがちですが、料金滞納になる可能性もあります。受信できる端末を持っている人は、念のため事前に引っ越し手続きについて確認してください。

 

引っ越し後に連絡するところ

引っ越し 連絡引っ越しが終わりホッとしている間にも、忘れてはならない連絡がいくつか残っていますので忘れずにやっておきましょう。

 

役場で転入手続きをする

新住所管轄の役場で転入届を提出します。引っ越し後2週間以内が期限となっている場合が多いので、なるべく早めに手続きを済ませておきましょう。

国民健康保険や国民年金、児童手当やマイナンバーなども同時に転入の届けを行います。

 

自動車免許の住所変更

自動車免許の住所変更は、新住所管轄の陸運支局で行います。ディーラーに依頼すると代行で住所変更をしてくれる場合もあるので、時間がない人は相談してみましょう。

駐車場を契約する人は車庫証明が必要になるので、この手続きをする際に合わせて用意しておくと安心です。

 

メンバーズカード類

生活にさほど影響はないかもしれませんが、引っ越し後に余裕がある時はスーパーやモールのメンバーズカードの住所変更もやっておきましょう。

お得なセールのお知らせや、クーポン券の郵送が来なくなる恐れもあります。

 

引っ越しの連絡はリスト化して手際よくやろう

引っ越しの連絡先は数が多く、つい忘れてしまうところもあります。引っ越しは段取りが大切。

リストは次のポイントを活かして作成すると、とてもスムーズになるでしょう。

 

タイミングごとに分ける

早すぎてはできない手続き、引っ越し後にやるべきことなど、連絡する先によってタイミングが異なります。順序よく済ませられるように、リスト化しておきましょう。

 

思いついたことは必ずメモすること

「あそこにも連絡しなきゃ…」と、ふとした時に頭をよぎることが色々とあります。引っ越し準備はやることが多すぎて、覚えておいたこともすぐに忘れてしまいます。

やるべきことや気になったこと、買い物など、とにかくメモに記しておきましょう。

 

まとめ

引っ越しの連絡は、新しい生活をスムーズにスタートするために大切です。引っ越し業者がやることリストを用意してくれることもありますので、忘れないように段取りをとるとよいでしょう。

住所変更は、後で大事にもなりかねません。早めにできることから手続きを始め、引っ越しのストレスを軽減してくださいね。

-引越しのコツ
-,

Copyright© 引越しの極意 , 2019 All Rights Reserved.