引越しのコツ

引っ越しを知り合いに頼む時の謝礼はいくらが相場?

投稿日:

引っ越し 知り合いに頼む引っ越しを知り合いに頼む場合、いくら相手が無料でいいと言ってくれても全くお礼をしないわけにはいきません。

引っ越しは重労働で体力を使いますし、場合によっては怪我をするリスクもありますよね。引っ越し業者に依頼するとお金がかかるので、知り合いに頼む方法はコスト節約になるでしょう。

しかし知り合いだからということが、逆に後々の人間関係を悪くすることにもなりかねません。

引っ越しをお願いする時には、謝礼についても正しく理解しておいてください。それでは早速ですが、引っ越しを知り合いに頼む際にどれくらいのお礼をすべきか、相場金額や注意したい点について詳しくご説明しましょう。

 

謝礼の相場金額について

引っ越し 知り合いに頼む引っ越し業者に依頼すると、数万円~数十万円とかなりの費用がかかります。その点「友人プライス」なら食事をごちそうして終わり、ということもできるでしょう。

では一般的に引っ越しを知り合いに頼む際の、謝礼の相場金額はどれほどなのかお伝えします。

 

相場は3,000円~5,000円

引っ越しを手伝ってもらった場合の謝礼は、一人あたり3,000円~5,000円といわれています。

単発の引っ越しのアルバイトなら、日給で1万円ほどの報酬を獲得できる可能性もあるでしょう。

しかし1万円も払ってしまうと、引っ越し業者に依頼したほうが安くなります。そのため謝礼として現金で渡す場合は、多くても5,000円前後。

とても仲のよい友人なら、食事をごちそうして謝礼にするという人もいます。また謝礼は現金では気が引けるという場合は、商品券やギフトカードで渡すこともできるでしょう。

どのような間柄の友人か考えながら、丁寧にお礼をすることが大切ですね。

 

トラックを準備してもらった場合

人手を借りるだけでなく引っ越しを知り合いに頼む時は、トラックも一緒に使わせてもらうこともあります。

レンタカー費用の節約にもなりますし、時間制約がないため友人のトラックや車を使って引っ越しするのは気楽な部分もあるでしょう。

この場合はガソリン代や高速料金、車の使用料などもかかりますので、金銭的な負担は一切させないこと。

「後で払うね」ということも本来は失礼にあたるため、最初にある程度の現金を渡しておくかその都度自分でお金を払っておきましょう。

 

最低でも男性2人は必要

引っ越しは、大型家具の移動が最も大変なこと。体力が必要になりますので、引っ越しをするなら成人男性2人は最低でも必要です。

冷蔵庫や洗濯機など1人では運べないもの、階段やエレベーターを使う時やトラックに家具を乗せる時など、男性2人でも足りない瞬間はあるでしょう。

短時間で引っ越しを済ませたい時は、できるだけ人手が多いほうが楽です。そのぶん謝礼も増えてしまうことは、覚えておかなければなりません。

 

謝礼のシミュレーションをしてみよう

引っ越しは、家族の人数によっても荷物の量が異なります。知り合いに頼む時に何人くらいに声をかけるべきか、また謝礼はいくら必要かシミュレーションをしてみましょう。

2tトラックを使う単身の引っ越しの場合、友人3人に手伝ってもらった場合は、謝礼5,000円×3名分。さらにレンタカー料金の1万円を足すと、合計25,000円ほどになります。

家族4人分の引っ越しで友人5人に依頼した場合は、謝礼5名分で25,000円レンタカー料金13,000円、合計すると約40,000円ほどです。業者に依頼するよりは、かなり安く引っ越しができるでしょう。

 

引っ越しを知り合いに頼む時の注意点は?

引っ越し 知り合いに頼む知り合いに頼むのは、引っ越し費用の節約が最も大きな理由になるでしょう。しかし費用面だけにこだわってしまうと意外な落とし穴もありますので、友人に頼むリスクについても理解しておくことが必要です。

 

家具が破損する可能性

友人で集まって引っ越しをするのは楽しい面もありますが、大切な家財道具の持ち運びはプロでなければ上手に手際よく運べないものです。

玄関先の狭い入り口でテレビをぶつけて壊してしまった、手が滑り家具を落としてしまったなど、ものが壊れるリスクもあります。

しかし自分が頼んだ以上、家財道具の破損があっても文句は言えません。大切なデータ類が入っているパソコンは、友人とはいえ運んでもらうのは気になるところですよね。

 

トラックの運転に慣れていない

引っ越しのために準備したレンタカー。自家用車の運転とは違い、細い道路の曲道などでトラックをこすってしまうリスクもあります。

またレンタカーは引っ越し専用の車ではありませんから、荷物の上げ下ろしが大変になることもあるでしょう。

運転中だけでなく、このような荷物の搬入の際にも車にダメージを与えることもあります。

 

時間がかかる

大勢集まっても、全員が引っ越しの素人です。引っ越し経験者がいたとしても、プロがやるように手際よく荷物を運ぶことはできません。

荷物の量によって作業時間は異なり、全く目安がたたないことも知り合いに頼んだ時には想定する必要があります。

また当日天候が悪くなった場合、さらに作業は遅れる可能性があるでしょう。悪天候の場合は、引っ越しを別の日に延期することも必要になります。

しかしその場合、友人の都合が悪く当初予定していた人数が集まらなくなる可能性もあるのです。

 

謝礼だけでは済まないことも

引っ越しの謝礼としてギフトカードをすでに渡してあっても、引っ越しが完了したら全員で食事に行こうということになります。

その際に謝礼を渡してあるから…と思っても、手伝ってくれた人たちに食事代を出さないわけにはいきません。

そうなると謝礼として渡した5千円に数千円の食事代がプラスされ、結果的にプロに依頼したほうが安く済むということもあるでしょう。

 

まとめ

引っ越しを知り合いに頼むのはメリットがありますが、デメリットもあることも忘れてはいけません。

引っ越し業者なら費用が明確なので、謝礼をいくらにするか迷うことはないでしょう。引っ越し作業も手際よく、万が一の際も引っ越し会社で破損の補償なども行ってくれます。

また引っ越しは梱包資材の準備、引っ越し後の掃除など、荷物の移動以外にもやるべきことが色々とあります。

そのため幅広くサポートしてくれる引っ越し業者を使ったほうが、気楽にできる可能性もありますよね。

料金は各社異なり、平日の引っ越しパックなど費用を節約することも可能になります。

-引越しのコツ
-,

Copyright© 引越しの極意 , 2019 All Rights Reserved.