引越しにまつわる豆知識やお得情報を掲載しています。

引越し情報うぇぶ

引越しのコツ

引越しダンボールの入手ルートと荷造りポイント

投稿日:

引越し ダンボール引越しで使うダンボール、意外に量が多くて必要になり直前に慌てて近所のスーパーを駆け回った人も少なくないでしょう。

引っ越しはあれこれと出費が重なる時期なので、梱包に使うダンボールにはできるだけお金をかけたくありませんよね。





しかし数が足りないと引っ越しの効率も悪く、荷物の仕分けにも影響が出てしまいます。ダンボールは引っ越しが済んだらもう必要ないもの。プレゼントのラッピングペーパーのような存在ですが、引っ越しをスムーズにするためには十分な枚数を用意したいですよね。

そこで気になるのが、引っ越しのダンボールの入手ルート。荷物が多い場合はどうやって準備したら良いのか、そしてダンボールの荷造りのポイントについてもご紹介しましょう。

 

ダンボールの必要な個数と間取り

引越し ダンボールダンボールを集めても意外に荷物が増えて、すぐに足りなくなることがよくあります。まずは集める前に、引越しに必要な個数の目安を知っておきましょう。

 

単身赴任

単身赴任の半数以上が使用するダンボールの個数は10個、続いて多いのが15個と荷物の量によって異なりますが、思った以上に数は多く必要になります。単身赴任やワンルームへの引っ越しは、多くても20個あれば足りるでしょう。

 

家族の場合

家族の引っ越しは、部屋の間取りによってダンボールの目安個数が変わります。2LDKは20~30個、3K以上になると25~50個ほどと数もかなり増えます。

子供の年齢によりおもちゃの数や、洋服等のかさばる荷物が増える場合には多めに準備したほうが安心ですね。

 

無料でダンボールがもらえるところ

引越しのダンボールは無料で集め、足りない部分を有料で購入しましょう。いざとなるとなかなか見つからない無料ダンボールは、次の場所に行けば確保できる可能性があります。

 

スーパーマーケット

近所のスーパーは店舗によって、店頭に野菜やお菓子の入っていた無料ダンボールを置いているところがあります。このようなスペースがない場合も、お店の人に聞けばいくつかその場でもらえることもあるでしょう。

 

大型家電ショップ

大型家電ショップにはテレビの箱など、サイズの大きなダンボール箱があります。かさばる荷物を梱包するときにとても便利に使えますので、お店の人に確認して無料で分けてもらいましょう。

 

コンビニ

コンビニはスーパーのように無料ダンボールを置いてあるスペースがないため、直接お店のスタッフに確認してもらってください。ただし混雑する朝や夕方などは避けて、後日用意してもらってから取りに行きましょう。

 

ドラッグストア

ドラッグストアはトイレットペーパーや紙おむつなどのダンボールがあるので、大きいサイズを確保できます。お店の前に無料ダンボールコーナーを設置している店舗もありますが、ない時は確認して用意してもらいましょう。

 

購入する方法

引越し ダンボール無料でダンボールを、何十個も用意するのは困難かもしれません。足りない部分は有料で購入することもできますので、以下の方法で準備しましょう。

 

通販で購入する

ネット通販で購入可能、場合によっては格安で買えることもありますし、何よりも自宅まで配送してもらえる点がメリットです。ダンボールはかさばりますので車がないと運ぶのが大変なことも。

単身赴任の引っ越しや小さなお子さんがいる場合は、通販を利用すると便利です。価格の相場は、120サイズが10枚で2000円前後。

 

ホームセンターで買う

ホームセンターで販売しているダンボールは、1枚300円前後。引越しのダンボールをすべてホームセンターで購入すると費用がかかりますので、最終的に調整が必要な時に利用すると良いでしょう。

 

引越し業者から入手する方法

引越し業者でダンボールを用意してもらう方法があります。すべてのプランに対応しているわけではありませんので、業者を契約する際に確認しておきましょう。

 

ダンボール無料オプションを選ぶ

引越し業者のダンボールは、会社によって提供してくれる個数が異なりますが、平均すると最大で50個ぐらいは無料でもらえることが多いです。

しかし単身やプラン内容によっては、有料になることもありますし、無料ダンボールはオプションとして付いてくることもあります。

 

専用梱包をする業者を選ぶ

食器や衣類など業者が用意するハンガーボックスなど専用のコンテナや、独自の梱包方法でダンボールに詰める必要がない場合もあります。どのような引っ越し準備をしたら良いのか、業者選びの際に詳しく聞いておきましょう。

 

ダンボール梱包に必要なアイテムも忘れずに

ダンボールを集めただけでは、まだ梱包はできません。色々なアイテムが必要になりますので、ダンボールの個数と合わせて一緒に用意しておきましょう。

 

ガムテープ

ダンボールを組み立てる際、補強するときに必ず必要になります。引越し業者によっては契約の際に無料でガムテープをくれる場合もあるでしょう。

テープの色を変えて梱包すれば、中身を判断しやすくなります。

 

梱包ひも

梱包するものには本やかさばる衣類関係など、ロープで縛り固定するものがありますよね。縛るだけではなく、ロープは荷物を車に縛り付ける際にも使えますので、用途に応じて何種類か強度の違うロープを購入しておきましょう。

 

エアキャップ

ぷちぷちと呼ばれる梱包資材は、こわれものを梱包するときにあると安心です。引っ越しの計画を始めたら、通販の荷物に一緒についてくるエアキャプを貯めておくのも良いでしょう。食器の梱包、ダンボールの隙間を埋める時に使います。

 

新聞紙など

新聞紙は食器や額縁などの割れ物を梱包するときにあると便利。わざわざ梱包資材を買うのは出費になりますので、古新聞をとっておきましょう。くしゃくしゃにしてダンボールの隙間を埋める時にも使えますし、丸ごと包みたいものにも便利ですね。

 

荷造りのポイントについて

ダンボールで荷造りをするときに憶えておきたいポイントは以下の通りです。

 

大きなサイズは重くしない

大きなサイズのダンボール箱にやたらと荷物を入れてしまうと、重さで底が抜けてしまう場合があります。梱包した時は大丈夫でも、搬入するときに投げられたりしたら大変です。大きなサイズのダンボールには毛布やシーツ、軽いおもちゃ類などを入れると良いでしょう。

 

底面はガムテープで十字貼りにする

引越しのダンボール梱包は中身を入れる前に、しっかり底面を補強しておきましょう。フタを1本閉じるだけでなく、必ず十字になるように横からもテープを貼ること。

またスーパーでもらった食材の入っていたダンボールは、濡れていることもありますので、強度の強いものだけを選んでください。

 

小さいダンボールは重いものを入れる

食器や書籍関係は重くなりますので、大きなダンボールを使うと底が抜ける恐れがあります。これらのアイテムは、ミカン箱サイズぐらいを使うと安全です。詰め終わったら必ず持ち上がるかどうか確認して、重すぎるものは中身を調整してください。

 

中身は側面に書いておく

家族が多い引っ越しだと、ダンボールがあちこちに置かれ、どこに何を運ぶがわからなくなります。

ダンボールの上面に中身をマジックで書いておいても、高く積まれてしまったら読めないですよね。時間があれば上と箱のサイドにも、はっきりと中身を書いておきましょう。

 

まとめ

引越しのダンボールの準備や梱包は、引っ越し作業を楽にするためにも重要なポイントです。順序良く手配するためにも、引っ越しが決まったらなるべく早くダンボールの入手ルートを調べておきましょう。

無料ダンボールは、一度にたくさん持っていくと迷惑になる場合もあるので、大量に必要な場合はお店の人に確認してくださいね。





-引越しのコツ
-,

Copyright© 引越し情報うぇぶ , 2018 All Rights Reserved.