引越し準備

引越しで退去の連絡はいつするべきか?トラブルを避けるコツ

投稿日:

引越し 退去 連絡引越しで退去の連絡するタイミングについて、ご解説していきましょう。何かと忙しく、バタバタとしてしまう引越しの時期。

退去の連絡をしたつもりが、遅れてしまうこともあるでしょう。逆に段取りがよい人なら、かなり早く連絡をしておきたくなる部分です。

引越しの退去連絡はお互いに手続きをスムーズするために、適度な余裕を持つのが大切でしょう。

引越しシーズンになると、賃貸物件はオーナーも複数の契約で、忙しくなってしまう可能性があります。

そこで早速ですが、理想的な引越し退去の連絡タイミングや、注意したい点についてご説明しましょう。

 

引越しで退去の連絡するタイミング

引越し 退去 連絡賃貸物件のアパートやマンションから引越しをする際は、退去の連絡が必要です。引越しが決まったら、いつどこにどのようにして連絡を入れるべきなのか、一般的なタイミングについてご説明しましょう。

 

連絡するところ

賃貸物件の場合は、引越し連絡をするのは管理会社、もしくは大家さんになります。ほとんどの場合、管理会社を通じて賃貸契約を行っていますので、まずは管理会社に連絡をしましょう。

退去に関しての重要事項は、賃貸借契約書などに書かれてありますので、確認してみてください。

大家さんが隣など、普段からお世話になっている場合は、管理会社だけでなく大家さんにも一言告げておくと安心です。

 

退去連絡するのはいつ?

引越しの退去連絡は、物件の規定や地域などによって異なりますが、一般的なのは引越しの1か月前~2か月前となります。

民法では建物の賃貸借は、3か月前に解約の申し入れを行うと定めていますので、わからない時は参考にしてください。

連絡をするタイミングは、このような規定に基づくことがまず大切ですが、もうひとつ注意したいのは転居先が決まっているかどうかです。

転居先の入居日が決まらない間に退去の手続きを開始してしまうと、次に住むところが決まらないという事態にもなりかねません。

 

連絡方法について

引越しで退去の連絡をする方法は、電話連絡が最もオススメです。メールやメッセージではタイミングがずれてしまうこともありますし、大切な連絡事項が漏れてしまう場合もあるでしょう。

連絡する際にはどのような書類手続きを行うか、敷金の返金などの大切な内容も確認してください。

引越しの際は管理会社に、退去届や解約届を記入して提出します。すでにでき上がった書式がありますので、必要事項を記入して指定の期間に提出しておきましょう。

 

引越しが決まったら契約書を確認しよう

退去の連絡に関するトラブルがよくあります。後で嫌な思いをしないためにも、引越しが決まったらまずは契約書を読み直し、次の確認ポイントをチェックしてください。

 

解約に関する事項を確認する

賃貸物件はそれぞれの解約についても、取り決めがあります。大体これくらいのタイミングで連絡すればよいだろうと自己判断をすると、後でトラブルになることも。

契約書の解約に関する事項には、いつまでにどうやって解約の通知をするか、具体的に明記されてあります。

たとえば「30日前まで」という場合は、引越しをしたい30日前までに、遅くても連絡するということです。

「書面」で連絡すると書かれている場合は、管理会社に連絡をしてどのような書面にするのか確認しておくとよいでしょう。

 

賃料について

引越しの退去連絡に関するトラブルで多いのが、賃料に関する内容です。契約書に書かれてある家賃についての項目で確認したいのは、契約終了月の家賃は日割りや月割り、半月割りのどれに当たるのか。

一般的に多いのは日割りで、たとえば4月15日に解約する場合。4月の賃料は4月1日~4月15日分までが、日割計算されて請求されることになります。

それぞれの物件で異なりますので、余計な賃料を払いたくない場合は解約のタイミングを考えるとよいでしょう。

 

違約金について

引越しは、自分が想定しないタイミングで起こる場合があります。たとえば仕事で急に単身赴任が決まるなど、引越ししたばかりなのにまた引越しという時もありますよね。

このような場合に契約書で確認したいことが、「短期解約違約金」について。賃貸物件には1年未満の解約だと、家賃1か月分の違約金を支払う決まりがある場合もあります。

場合によっては解約日を調整して、違約金を払わないほうがお得になるケースもあるでしょう。

 

敷金の清算について

引越しの退去時に多いトラブルのひとつが、敷金の清算に関する事例です。退去する際は物件を、元の状態に戻すことが必要となります。

原状回復に関する内容はとてもトラブルが多く、借主が費用負担するのか貸主なのか、契約時に説明があったはずです。

引越しの際は契約書をもう一度確認して、敷金の清算について理解しておきましょう。正しく原状回復をすれば、敷金を全額返金してもらうことも可能ですが、実際には多少敷金から引かれてしまう場合が多くなっています。

 

引越しの退去連絡が遅れるとトラブルになる可能性も!

引越し 退去 連絡引越しの退去連絡は、タイミングが大切です。遅れてしまうと次のようなトラブルになる可能性があるので、しっかりと注意しましょう。

 

二重家賃が発生する

タイミング悪く、退去の告知をしたために余計な賃料が発生し、新しい住まいの物件と家賃が同時に発生する可能性があります。

二重家賃を避けるためには、新居の契約と現在の物件の解約を同時進行しながら、タイミングよく段取りをとるのが大切です。

 

引き渡しが上手くいかない

慌てて退去連絡をすると、引越しの全てが時間的に余裕がなくなる可能性があります。退去時にはできるだけダメージを回復して、掃除も行き届いた状態にしておきたいですよね。

慌てて引越しをすると原状回復が上手くいかず、余計に敷金から引かれてしまうことがあります。

 

余分な賃料がかかる

2週間後に引越ししたいと思っても、契約書で1か月前と決められていたら、その間住んでいなくても家賃は発生します。

かなりの出費になりますので、引越しの退去連絡は入居した時にまず確認しておきたい部分ですね。

 

まとめ

引越しの退去はわかり次第、早めに行動を開始することが大切です。賃貸物件の契約書をもう一度おさらいして、やるべき内容をまとめておきましょう。

とくに敷金や賃料など、金銭に関することはお互いに嫌な気持ちになりますので、気分よく引越しするためにも余裕を持って引越し準備を始めてくださいね。

-引越し準備
-, ,

Copyright© 引越しの極意 , 2019 All Rights Reserved.