引越しにまつわる豆知識やお得情報を掲載しています。

引越し情報うぇぶ

引越しのコツ

引っ越しで新居の掃除!後で失敗しないための掃除マニュアル

投稿日:

引っ越し 新居 掃除引っ越しで新居の掃除をするのはタイミングよくやっておかないと、荷物を運び入れてからでは遅くなってしまいます。とくに大型家具は一度設置すると何年も動かさないため、引っ越しで新居の掃除をする時がベストなタイミングになりますよね。

でも問題は、引越し時期には片づけや手続きなどで一度にたくさんのことをこなさないといけないため、のんびり引越し前に掃除ができないこと。

そんな悩みを解決したい時は、引っ越しの手順のひとつとして新居に荷物を運ぶ前の掃除をプラスしておきましょう。忙しい時は効率的にできる掃除方法が一番です。

 

新居の掃除に手を抜いてはいけない理由

引っ越し 新居 掃除引っ越しで新居の掃除をどの程度やるべきか、多くの方は目立つ汚れだけを綺麗にして荷物を運び入れているのではないでしょうか。賃貸の場合は清掃業者さんがすでに掃除を済ませてくれるので、それほど汚れが目立たないこともあります。

しかし手を抜いてはいけない理由としては、まず部屋の中の傷や状態を把握するために掃除をしながらチェックする目的があるでしょう。

賃貸の場合は、引っ越しする際に床や壁の傷があると敷金から修繕費を引かれてしまうことがありますよね。

引越し前からあった傷だといってもなかなか了解しれくれない場合もあるため、そんなトラブルを回避するためにも引越しする前の新居の掃除は物件の状態を正しく知るためにも大切なのです。

もし目立つ汚れや傷などがあれば、すぐに不動産会社に連絡をしておきましょう。また新築を購入した場合も塗料のニオイが室内にこもっている可能性があり、いきなり生活をするよりも掃除して換気したほうが安心です。

 

掃除をするタイミングについて

引っ越しの時期は荷物の梱包や旧居での片付け、市役所での届け関係などとても忙しくなりますのでゆっくり掃除だけに時間をとるのは難しい状態です。

しかし気分的に新居に引越しをするなら、綺麗な状態で自分の家具や持ち物を運び入れたいですよね。

そんな引越し時期のなかでタイミングを作るには、あらかじめ新居の掃除個所を点検に行きましょう。

掃除するのは、引越しする1週間前には終わらせておきたいことですが、前日だと掃除で疲れて引越し当時に疲れてしまう可能性があるのでご注意ください。

 

新居の掃除の状態を知るコツは?

引っ越しで新居の掃除をするのはどの程度やるか、家の掃除状態により異なります。直前まで誰かが住んでいた賃貸物件なら、ほこりがそれほど溜まっていませんし、室内がかび臭いこともないでしょう。

一見床や壁が綺麗に見えても、家の中は細かいところこそ掃除が必要になりますよね。それをどうやって見極めるかコツになるが引き出し関係です。

たとえばキッチンの収納棚のなかや引き出し、洗面台の引き出しの中を指で軽くこすり、ほこりが溜まっているかどうかチェックしてください。

指にしっかりつくほどだと、掃除してから時間が経過している可能性があります。長期間空室になっていると荷物がなにもない状態でも自然とほこりが溜まってしまうでしょう。

次の人のために、退去した後は清掃されていることが前提ではありますが、時期によってはやり直しが必要な場合もあるのです。

 

掃除に必要なアイテムを準備しておく

引っ越し 新居 掃除引っ越しで新居の掃除をする時は、旧居の掃除とは違い汚れはそれほどありませんので掃除道具もあれこれ揃える必要はありません。

またあらかじめ掃除が必要な個所を書きとめておき、すぐにとりかかれるように準備してください。最低限必要なものは以下のアイテムを参考にし、さらに目立つ汚れに合わせてクリーナーなどを準備しておきましょう。

・ほうきとちりとり

・ぞうきん数枚

・掃除クリーナー類

・たわし

・排水溝クリーナー

・ゴム手袋

 

新居の掃除の手順とポイントについて

新居についたらまず窓を開けて換気をしてください。家具がないのでとてもやりやすく、普段手が届かないところもしっかり掃除できるチャンスです。

掃除のコツは上から下が基本。まずは天井や壁をさっと吹き、照明器具のほこりを落としておきましょう。

続いてトイレ、お風呂、キッチンなどの水回りを綺麗にして、戸棚の中などもすぐに食器を入れられるようにシートを敷くなど準備もついでにやっておきましょう。

最後は床の拭き、掃除でカーペットがすでに敷いてある場合は掃除機で綺麗にほこりを吸い取り完了です。各ポイントで抑えるべきことは以下の通りです。

・換気は室内のカビやほこりのニオイ消しの役目がありますので、新居に到着したらすぐに窓を開けてください。場所によってはニオイがなかなか取れないこともあるので、気になる場合は芳香剤などを置いておくと良いでしょう。

・天井や壁はたばこのヤニが残っている可能性があり、とくに上は普段なかなか手が届かいため、硬く絞った濡れ雑巾でしっかり汚れを落としておきましょう。

・照明器具が元々ついている物件も多いため、ほこりを落としから固く絞った雑巾でふき取ってください。

・水回りで注意したいのはお風呂場のカビや排気口の詰まりなど。カビ取りクリーナーや排気口クリーナーを使って水の流れもチェックしておくと安心です。トイレはブラシがない時はウェットシートでふき取るだけでも十分なので、その際は殺菌タイプを使いましょう。

・床の掃除は畳の場合は水拭きするとカビが発生する原因なのでほうきでほこりを取り除いておきます。余裕がある場合はフローリングにワックスがけしておくと安心ですね。

 

害虫駆除をしておこう

引っ越しで新居の掃除をする際は、掃除だけでなく荷物搬入前にやっておきたいことがあります。害虫駆除がそのひとつで生活が始まってからでは準備が大変ですし、家具や食べ物に薬剤がかからないようにシートで被うなどとても手間になりますよね。

また空室の間に害虫が住み着いている可能性も稀にありますので、大切な荷物を運び入れる前にしっかり駆除しておきましょう。

賃貸物件の場合繁華街近くや1階部分が飲食店になっている場合は、害虫が増えやすい環境でもあります。

燻煙殺虫剤を使い徹底的に駆除する必要も出てくるでしょう。その際は以下の点に注意をしてから始めてください。

 

火災報知器を覆うこと

煙が出るタイプの殺虫剤はガス報知器や火災報知器などの警報が感知して鳴る可能性があります。

集合住宅の場合はその部屋だけでなく全建物の報知器がなってしまう場合もありますので、ビニール袋などで報知器をしっかり覆っておきましょう。

 

近所に知らせておく

害虫駆除をする際は万が一のことを考えて、近所にも事前に知らせておきましょう。この際に引越し挨拶も一緒に済ませておけば後が簡単ですね。

害虫駆除を使い隣近所に害虫が逃げてしまう場合もありますので、後でトラブルにならないためにも一声かけたほうが安心でしょう。

 

まとめ

引っ越しで新居の掃除をする際は、効率的に手早く済ませたいのですが何事も最初が肝心。荷物を気持ちよく搬入するためには傷や汚れ、不具合などをチェックがてら必ず掃除をしておきましょう。

汚れが一切ないはずの新築物件でも、建築材のカスやペンキのニオイなどが残っている場合があります。

また目につきにくいキッチンの換気扇の汚れなど、今だから簡単に済ませられる箇所を優先して手際よく掃除をスタートしてくださいね。

何かと忙しい引越しの時期ですが、新居の掃除は要点を抑えておけば一日かからないでできることが多いです。

どこから手を付けるか、下準備として一度新居をチェックしに行っておくと段取りがしやすくなるので、掃除がスムーズにできるでしょう。

-引越しのコツ
-, ,

Copyright© 引越し情報うぇぶ , 2018 All Rights Reserved.