引越しにまつわる豆知識やお得情報を掲載しています。

引越し情報うぇぶ

引越しのコツ

引越しでピアノを移動するときの基礎知識について

投稿日:

引越し ピアノ引越しでピアノを移動するのは重労働です。高価なものなので引越し中のダメージは十分に注意しないといけません。

ピアノの取り扱いはとても繊細で、箪笥のような家具を運ぶわけにはいかないため、失敗せずにピアノの引越しをするには、基礎知識をまずは理解しておきましょう。





引越しはただものを移動するだけではありません。今までと同じ状態で引越し先にて使えるように、それぞれのアイテムに合わせた移動方法を意識しましょう。では、引越しでピアノを移動する際に知っておくべき点についてご紹介していきましょう。

 

自分でピアノの引越しは危険

引越しでピアノを移動する時は、業者に依頼するとお金がかかるので自分でやってみようと思う人もいるでしょう。

ピアノは一般的なアップライトタイプで重量は250kg、グランドピアノは350kgほどになりますので、数人の力を合わせて動かすことができても、下ろす時にバランスを崩しやすく部屋からうまく出せないため、結局業者に依頼する人が多いのです。

ピアノにはキャスターがついているので一見運びやすいように見えますが、マンションでエレベーターを使う場合、通路が狭いところなどはピアノ専用の帯などを使用して担いで運ぶ状況もあります。

節約のために自分でトライして、結局ピアノが故障したら引越し代以上の損害になってしまうので気を付けたいですね。

 

ピアノ引越しの相場費用

引越し業者にピアノの移動を依頼した場合、費用がいくらぐらいかかるのか相場を知っておきましょう。エレクトーンなら近距離で14,000円、アップライトピアノで20,000円、グランドピアノで32,000円前後が相場となっています。

この基本料金以外に距離によって追加される料金、階段を使う、エレベーターを使う場合などによりさらに3,000円~1万円ほどがかかる場合も。

またクレーン車が必要な時は、さらに1万円~2万円ほどの特殊引越し料金が必要になります。

 

引越し業者かピアノ専門業者か?

引越しでピアノを移動するには、引越し業者かピアノ専門引越し業者に依頼が可能です。費用的にはどちらもさほど変わりはありませんが、ピアノ専門業者ならピアノの扱いを熟知したスタッフがいますので、引っ越し先でピアノの調律などのアフターケアが充実している点がメリットです。

では一般的な引越し業者ですが、メリットはほかの家具などの引越しと一緒に見積もりや契約ができるので手間がかからないこと、そして割引がある点が魅力でしょう。でも家具のように乱暴にピアノを扱われたら心配という人もいますよね。

引越し業者には、ピアノ専門の運送業者がいますので、実際に運ぶのはピアノのプロです。調律やクリーニングなどのアフターケアも別料金で依頼できるので安心でしょう。

 

引越しの際にやっておきたいこと

ピアノは室内の模様替えだからといって、簡単に動かせるものではありませんよね。引越しは普段できないケアをするチャンスなので、ぜひやっておくべき点について覚えておきましょう。

まずピアノの足に、インシュレーターという防音の役目を持つプレートがあります。引越しのチャンスにインシュレーターがついていない場合は新しく装着したり、古い場合は新しいものを交換したりすること。

インシュレーターは転倒防止にもなりますので、ぜひ忘れずに取り付けてくださいね。また運び終わった後は移動中に負荷がかかり、ピアノの調律が必要になります。

新しい設置場所の気温や湿度によっても音が変化しやすいので、アフターケアは必ずする必要があるでしょう。

 

まとめ

引越しでピアノを移動するのは、扱いに慣れているプロの業者に依頼することをオススメします。引越し業者によって費用が異なりますので、まずは料金比較をしてみましょう。

引越し業者ではピアノの処分や買取りなどの手続きもサポートしてくれるところがあるので、一度問い合わせてみましょう。





-引越しのコツ
-,

Copyright© 引越し情報うぇぶ , 2018 All Rights Reserved.