引越しにまつわる豆知識やお得情報を掲載しています。

引越し情報うぇぶ

引越し情報

転居時の郵便局への手続き!簡単な手順を覚えておこう 

投稿日:

転居 郵便局 手続き転居時は郵便局への手続きも忘れないようにしましょう。住民移動や子供の学校の転入手続きなど、うっかり忘れてしまうのが郵便関連の手続き。万が一大切な書類が旧居の住所に配達されてしまっては、大変なことになってしまいますよね。

では転居時は、郵便局にどのような手続きをしないといけないのでしょうか。最近はメールを使うシーンが増えていますが、手紙や書類、購読中の月刊誌など意外と郵便配達されるものは身近にありますよね。

そこで引越しの最中につい油断してしまう、転居時の郵便局への手続きについてご説明していきましょう。

 

郵便局の無料転送サービスについて

転居 郵便局 手続き引っ越し先で新生活が始まったにも関わらず、郵便配達が一切されない…という状況はとても困りますよね。そこでやっと気が付く転送の手続き。

郵便局では旧住所宛ての郵便物を1年間、新しい住所へ転送する無料サービスを提供しています。

このサービスを利用するためには「転居届」が必要になりますので、その手順についてお伝えしていきましょう。

 

手続きに必要なもの

個人の場合は本人確認が必要になりますので、運転免許証や健康保険証などを持参してください。会社や団体の場合は団体との関係が証明できるような社員証や健康所検証などを持参します。

そしてもうひとつ大切なものが旧住所の確認。転居者の古い住所がわかるパスポートや運転免証、住民票、官公庁が発行した書類に古い住所が記載されているものなどを一緒に持参して、転居届の用紙を記入して提出します。

 

手続きをする場所

転居届を出すには、最寄りの郵便局の窓口へ直接行きましょう。もし時間がなくて行けない場合は、転居用届の用紙を窓口でもらうかネットからダウンロードできます。

必要事項を記入して、切手を貼らずにそのままポストへ投函しましょう。

 

インターネットで手続きする場合

転居届はインターネットからも可能です。郵便局のサイトから「e転居」のバナーをクリックして必要事項を入力しましょう。

本人確認は、登録した携帯番号やスマホから転居届の受付センターに電話をしないといけません。

操作を間違えると、手続きをやり直す手間がありますのでご注意くださいね。アナウンスに従い、手続きが完了するまでは電話を切らずにそのままお待ちください。

 

転居時の郵便局への手続きをするタイミング

転居 郵便局 手続き引っ越しシーズンになると郵便局もなにかと忙しくなります。転送サービスの手続きをしてから完了するまで、通常なら土日を除いて数日間ほどかかります。

繁忙期だとさらに時間を要する可能性もありますので、手続きをするなら余裕をもって引越し2週間前ぐらいが良いでしょう。

引越し後だとすべての住所変更をして旧住所を証明するものがないリスクもあるので、引越し前に必ず済ませておいたほうが安心ですね。

 

転居の事実確認をされる場合もあり

転居届を出した後に、事実確認をされる場合があります。手続きをした際に必ず本人確認はしていますが、場合によっては次の3通りの方法で確認が行われます。

・旧住所へ確認書が送付される

・日本郵便株式会社の社員による現地訪問

・転居者が不在の場合に同居人などに居住の事実確認をする 

この場合は転居の事実確認がされないと新住所への郵便の転送は開始されません。いつまで待っても転送物が送られてこない時、大切な書類を待っている時などはあらかじめ郵便局に新住所を伝えておくと安全です。

 

こんな場合の転送はどうなる?

・海外への引っ越し 

郵便局の無料転送サービスは国内のみとなっていますので、海外へ引っ越しした場合には転送サービスは利用できません。

・家族のうちひとり分だけの転送 

家族全員でなくひとりだけ単身赴任や引っ越しなどの場合、特定の人だけの分の転送は可能です。転居届の記入欄に転居する人の名前を書く欄がありますので、転送したい人の情報を正しく記入しておきましょう。

・病院に入院している間だけの転送 

病院の住所を記入して転居届を出すことができますので、郵便物を入院中に病院で受けとけることが可能です。

・長期間不在になる場合 

長期の旅行や帰省で家に不在になる場合は、転居届でなく不在届があります。最長30日間の間、到着した郵便物を届け出期間終了後に配達してくれます。

 

転居届の受付状況を確認しよう

転居時の郵便局での手続きは完了してから実際に転送開始するまで1週間~2週間ほどかかります。この間に郵便局サイト内の「ウェルカムタウン」で転居届の受付状況を確認できます。

もしわからない時は、お客様サービス相談センターに連絡をして確認してもらいましょう。場合によって転送が遅れてしまう場合もありますし、旧住所にいつまでも郵便が届いてしまうこともありますので、不安な場合はなるべく早く問い合わせてください。

 

まとめ

転居時の郵便局の手続きは、忙しい人ならインターネットで簡単にできます。つい忘れてしまう作業ですが、引越しでやるべきリストに必ずプラスしておきましょう。

引越しは想定外にやることが増えますので、届け出る必要のあるものは早めに準備を始めてくださいね。

-引越し情報
-, ,

Copyright© 引越し情報うぇぶ , 2018 All Rights Reserved.