引越しにまつわる豆知識やお得情報を掲載しています。

引越し情報うぇぶ

引越し準備

引っ越し準備のやることリスト!忘れてはいけない大切なポイント

投稿日:

引っ越し 準備 やること リスト引っ越し準備のやることリスト、頭でなんとなくわかっていても実際に作業が始まると意外に重要なことを簡単に忘れてしまうものです。

荷物の移動だけではなく、引越しでやるべきことは色々ありますので、段取り良く進めるためには、事前に「やることリスト」を必ず作成しておきましょう。





引越しは当日に向けて、徐々に準備をするのがコツになります。早めにできない作業も色々とありますので、実際の引っ越し日に近づくにつれてやり忘れが増えてしまう傾向があります。

では引っ越し準備のやることリスト、忘れてはいけない重要なポイントをご説明していきましょう。

 

1ケ月前にやること

引っ越し 準備 やること リスト引っ越し計画がある場合、1か月前からそろそろできることを始めるようにしましょう。あと1か月あるから大丈夫!と油断をすると、直前になって走り回ることになる可能性があります。

 

不動産管理会社へ退去の連絡

賃貸にお住まいの場合は、まず早めに退去の連絡をしてください。賃貸契約には何か月前に連絡するようにと書かれてありますので、なるべく早く引越しが決まり次第、連絡を入れる必要があるでしょう。

うっかり直前になると、遅れた分の家賃が1か月分として発生する可能性もありますので、最初にやるべきこととして覚えておいてくださいね。

もし引越し先で車やバイクを使わない場合は、この時期から処分方法を考えて、下取り業者を選ぶなどの手配をしましょう。慌てて手放すよりも、じっくり時間をかけて業者を選んだほうが高く売れて、新生活へのプラス資金になるのです。

 

引越し業者を探す

引っ越しは一日でも早く見積もりを取って手配したほうが、費用を安くするためにもメリットがあります。引越しの繁忙期となる春先は、ぎりぎりになって予約しても希望日がおさえられないだけではなく、費用も高くなってしまうでしょう。

引越し準備のやることリスト、予定が分かり次第すぐに業者を選んで手配したいですね。引越し費用を節約するためには、早く見積もりを取ることがコツ。また1社だけではなく複数社を比較して、料金を安く抑えるようにしましょう。

 

インターネットの移転手続き

インターネットは生活の一部、引っ越し先でネットがない生活になるととても不便ですよね。タイミングをうまく合わせるためには、引越し1か月前にプロバイダーに連絡をして移転手続きを開始しましょう。

引越し時期になると、インターネットの回線工事まで予約で一杯になってしまいますので、引っ越し業者選びと同様に、少しでも早いほうが安心です。

 

転校届

お子さんがいる家庭では、必ずやるべきことなので手続きを引越し1か月前には始めたいですね。転校が決まったら、早めに担任に連絡を入れておくこと。移転先によっては、市区町村の教育委員会の認可だけで、転校が可能な場合もあります。

公立の小中学校の転校は「在学証明書」と「教科用図書給与証明書」をもらい、転入学通知書と一緒に転校する学校へ提出します。

高校の場合は、各都道府県によって手続きが異なるため、早めに学校事務局に問い合わせしておきましょう。

 

1週間~2週間前にやること

引っ越し 準備 やること リストいよいよ引越しが近くなる1週間~2週間前。時間のかかる手続きは、この前にすでに終わらせておくことがコツ。

この時期は、どのような引越し準備のやることリストを作っていけば良いのでしょうか。次のポイントを見ていきましょう。

 

光熱費、郵便物の移転手続き

電気、水道、ガスなどの光熱費はそれぞれの会社に引越し日を連絡して、移転手続きをしておきます。

引越し先でも同様に利用開始の手続きを行い、立ち合いが必要になるガスの開栓の場合は予約をして自分のスケジュール調整をしておきましょう。

光熱費はギリギリだと使えないと困りますし、引っ越し前後の掃除で電気や水が必要になることもあるため、12日余裕を持って移転しておくと安心です。

郵便物は、新居に旧住所宛ての郵便物を転送してもらう手続きを行いましょう。「転居届」という用紙が郵便局内にありますので必要事項を記入して、身分証明書持参して手続きしておくと良いですね。

 

市役所に転出届をだす

住民票の移動の手続きは、移動14日前からできる場合が多いので2週間前になったら早めに転出届を提出しておきます。

ちなみに市内で引っ越しの場合は転居届、市外に引っ越す場合は転出届、また住民票だけでなく児童手当、国保、介護保険などの手当て関係などもありますので、早めに市役所に問い合わせして手続きを開始しましょう。

役所関係は平日しかできないため、スケジュールをうまく調整しながらできることは一度に済ませたほうが安心です。

 

前日にやること

前日の引っ越し準備は、当日を楽にするための大切なチャンス。引っ越し準備のやることリストで、前日にやっておくことは以下のポイントを抑えておきましょう。

 

荷物の梱包開始

前日に残しておくことは1泊旅行分程度で、使わないものはどんどん梱包しておきましょう。

洋服、キッチン、本など細かいものは前日でなくても早めに開始できますので、余裕を持って梱包してください。貴重品は必ず手元に置いて、荷物に紛れないようにしましょう。

 

近所のあいさつ回り

引越し当日は時間に余裕がありませんので、近隣への挨拶は前日までに済ませておきましょう。

新居の近隣の挨拶も、できれば荷物の搬入で迷惑がかかることもありますので、前日までに済ませておきたいところです。でも遠方の場合は、挨拶品だけの準備だけでも済ませておくと安心でしょう。

 

当日にやること

当日はいよいよ本番。引越し業者に任せられることはすべてお願いして、スムーズにできるように、新居で荷物を待つ係など手分けしておくと便利です。以下のことを当日にやっておきましょう。

 

退去の立ち合い

管理会社に引っ越し後の掃除が完了したら立ち合いをしてもらい、破損個所や汚れなどチェックしてカギを返還後完了となります。

立ち合いは、場合によって引越し数日後に行う場合もありますので、必ずスケジュール調整しておきましょう。

 

引っ越し後にやること

引っ越し後も新生活が安定するまでは、色々な作業が残っていますので、大まかに引越し準備のやることリストとして、引っ越し後にやるべきポイントを見ておきましょう。

 

各種住所変更の手続きをする

免許証、銀行、クレジットカード関係などの住所変更を早めにしてください。忘れてしまうと、大切な書類も旧住所に届けられてしまい、新居に転送されるまでに時間がかかることも。

住所変更は運転免許証のように、住民票などが必要になりますので、役所に行くときに合わせて必要書類を準備しておきましょう。

電話やネットなどはオンラインでできる手続きもありますので、引っ越し前からやるべきことを準備しておくと楽ですね。

 

転入届をする

引っ越しで荷物を搬入した後はなるべく早く市役所で転入届を行いましょう。学校関係や福祉関係の手続きもありますので、新生活を早くスタートするためにはまず引っ越し後にやっておきたいことです。

勤務先への連絡も早めに行い、引っ越し後は担当部署に連絡をして住所変更をしてください。

 

まとめ

引っ越し準備のやることリストは、細かい点まで含めて色々とあります。うっかり忘れてしまいそうな手続きは、引越しをしてから旧住所の管轄市役所に行くのはとても面倒。

引っ越しは新居を探すところから荷物の搬入まで、スムーズに行うために事前の準備がなによりも大切です。慌てて引っ越しをしないためにも、早めにやることリストを作っておき、できることをどんどんこなしていきましょう。

引越しはストレスもたまりますし、荷物の運び出しでケガをする可能性もあります。アクシデントがないように、くれぐれも注意をしつつ引越しを成功させてくださいね。





-引越し準備
-, , ,

Copyright© 引越し情報うぇぶ , 2018 All Rights Reserved.