引越しの手続き

引っ越し手続きで印鑑証明に関する大切な基礎知識について

投稿日:

引っ越し 手続き 印鑑証明引っ越しの手続きで印鑑証明が必要になる場合がありますが、この印鑑証明も転居届のように引っ越し手続きが必要です。

あまり使うことがないため、つい忘れてしまう引っ越し手続きの印鑑証明ですが、チェックリストには必ず入れておきたい点のひとつです。

では忘れずに新生活がスタートできるように、引っ越し手続きで印鑑証明に関する重要なポイントについてご解説しましょう。

 

印鑑証明はとても大切なもの

引っ越し 手続き 印鑑証明印鑑証明は毎日使うものではありませんが、重要な書類作成の時などに求められます。引っ越し手続きでは印鑑証明についても、忘れてはならないことがあるでしょう。

 

印鑑証明とは

引っ越し手続きで、印鑑証明の存在を忘れてしまうケースがよくあります。そもそも印鑑証明とは正式に「印鑑登録証明書」と呼ばれるもので、自治体で本人が登録した実印を証明するものです。

実印ですと自分で言うだけでは保証されないため、第三者として自治体が実印の正当性や信頼性を保証するものが印鑑証明なのです。

 

どんな時に使うもの?

書類作成の際に、印鑑が求められることがよくありますよね。認印でも大丈夫という場合や実印でなければならない、もしくは手書きサインでもOKなど、あらゆる場合があります。

印鑑証明が必要になるのは、家やマンションを購入する際や、自動車を購入する時。または土地や金銭の貸借に関する公正証書、遺産相続などの重要な場面で使う書類です。

車の購入は多くの人が体験しますので、印鑑証明を取得するために手続きをしたことがある人は多いでしょう。

たとえば家の購入で、書類に押印が必要な際。実印を押してさらに印鑑証明書を添付し、印鑑が信用できるものであるのを証明します。

 

印鑑証明はどこで手に入れる?

印鑑証明書を手に入れるためには、まず自分の印鑑をお住まいの市区町村に登録しなければなりません。

実印として登録できるものは、自治体により規定が若干異なりますが、印影の大きさが8mm以上で25mm以下のサイズとしているところが多くなっています。文具店や印鑑専門店に行けば、詳しくアドバイスしてくれるでしょう。

 

印鑑証明の引っ越しについて

引っ越し 手続き 印鑑証明引っ越し手続きで印鑑証明が関係するのは自治体に登録しているためで、転居する場合は新しいお住まいに登録が必要になります。

では具体的にどのような手続きをするとよいのか、大切なポイントを見ていきましょう。

 

同市内での引っ越し

同市内での引っ越しは転居届と同じで、印鑑登録している住所変更が必要になります。改めて印鑑登録をする必要はないので、転居届を出しておけば同時に印鑑証明の住所も変更処理されるケースがほとんど。

しかし政令指定都市の場合で区が異なる時は、改めて手続きが必要になる場合もありますので、お住まいの自治体のホームページでチェックしておきましょう。

使用する際に住所変更されていない印鑑証明は、無効になってしまいますのでご注意ください。

 

市外へ引っ越しの場合

引っ越し手続きで印鑑証明に関することですが、市内か市外によって内容が異なります。現住所とは違う市区町村へ引っ越しする場合は、今まで住んでいた市町村役場にて印鑑登録の廃止手続きが必要です。

そして引っ越し先の自治体で、印鑑証明の登録を行うのが一般的な手続きになります。住民登録の転出届を提出すると、自動的に印鑑証明も抹消される自治体もありますので、事前に確認しておきましょう。

転入先で登録をして「印鑑登録証」を発行してもらえれば、手続きは無事完了します。

 

印鑑証明の引っ越し手続きに必要なもの

引っ越し手続きで市外に印鑑証明の転居をする場合、印鑑登録の廃止が必要になります。この手続きは、通常の転居届を出すタイミングと同じです。

手続きに必要なものは、役所に置いてある印鑑登録廃止申請書、登録している印鑑、印鑑登録証、免許証などの本人確認書類です。

申請書に必要事項を記入して、窓口に提出します。また転入先では市町村役場で印鑑登録申請書、登録する印鑑、本確認書類を持参して、必要事項に記入して窓口で申請しましょう。

印鑑登録は届け出の期間は設けられていませんが、引っ越しの際に重要な書類作成が必要になる可能性もあるので、転居届と一緒にやっておくと安心です。

 

印鑑証明でよくあるトラブルについて

印鑑証明は重要な書類作成や契約時に必要になりますので、使用する頻度は少ないものです。

そのため紛失などのトラブルがよくありますので、その際の対処方法について見ていきましょう。

 

ハンコが欠けてしまった時

印鑑の材質によって劣化により、印影が欠けて名前が全て見えないことがあります。そのまま使用すると、登録した実印とは違うものと判断されて効力はなくなってしまいます。

この場合は古い印鑑登録を抹消して、新しく購入した実印で印鑑登録をしてください。「印鑑登録廃止申請書」という用紙が市役所の窓口にありますので、新たに登録する場合や印鑑登録自体が必要ない時に申請してください。

 

実印を紛失した時

印鑑の保管はしっかりとやっているつもりでも、小さいものなのでつい紛失してしまうこともあるでしょう。

この場合に注意したいのは、第三者に不正に実印を利用されてしまう可能性です。最悪のケースを回避するためには、紛失が判明したらすぐに市役所で「亡失届」を申請してください。

この届けを出しておけば、印鑑登録を廃止できます。手続きの際には認印を使い、印鑑登録カードや本人確認書類など、役所が指定する必要書類を持参してください。

 

印鑑登録証を紛失した時

印鑑登録をした際にもらう印鑑登録証はカードタイプになっているもので、紛失しないように大切に保管しなければなりません。

万が一このカードを紛失した時ですが、印鑑を紛失した場合と同様に登録の廃止が必要です。

印鑑登録カードも不正に使用される恐れがあり、印鑑自体を紛失するよりも危険な場合もあるでしょう。

この場合は市役所に行き、亡失届を提出します。廃止する実印と本人確認書類を持参し、手続きをした後は実印は効力がなくなり、認印になります。

 

まとめ

引っ越し手続きで、印鑑証明の抹消や登録はとても大切です。忘れてしまいがちなので、役所関係の手続きとして必ずリストにプラスしておきましょう。

また実印がどれなのかわからなくなる場合もよくありますので、登録した実印はわかるように保管してくださいね。

-引越しの手続き
-, ,

Copyright© 引越しの極意 , 2019 All Rights Reserved.