引越しにまつわる豆知識やお得情報を掲載しています。

引越し情報うぇぶ

引越しのコツ

引越し前日にやること!当日がスムーズになる準備のポイント 

投稿日:

引越し やること引越しでやることは数えきれないほどありますが、とくに前日は当日の流れをスムーズにするためにも肝心な時。引越しの最終チェックをはじめ、やり残したことを一気に片付ける時でもありますよね。

引越しでやることはなるべく早めに段取りよくこなすことがポイント。当日やればいい、という後回しでは失敗してしまいます。

では引越し前日にやることは、どんな点に注意をしたらよいか、忘れずにやっておきたいことをご説明していきましょう。

 

洗濯機の水抜きをしよう

引越し やること引越し当日になって慌ててしまうのが、洗濯機の水抜き。やらずにそのまま運んでしまうと、だらだらと家中に水がこぼれてしまいますし、搬送中にほかのダンボールの荷物などが濡れてしまう可能性があります。

洗濯をしていなくても中には水が入っているので、引越し前日やることとしてリストに書き留めておくとよいでしょう。洗濯機の処理は次のような点を前日に必ずチェックしてください。

・洗濯機につながっている水栓を閉めておく

・なかについている糸くずをキャッチするフィルターを取り除く

・給水ホースを外して水を抜く

・排水ホースを外し汚れている場合は軽く拭いておく

・脱水ボタンで洗濯機の水を完全に抜いておく

・電源コードについているアースも忘れずに外しておく

・洗濯機のふたや扉が開かないようにガムテープなどで閉じておく

・ホースや電源類は引きずらないようにテープや紐でまとめておく

 

冷蔵庫の中身を整理して水抜きをしよう

引越し前日にやることは、冷蔵庫の中身整理と水抜き。ついいつもの調子で冷蔵庫を使ってしまいますので、前日は最後の食事が済んだらまず中身整理をしましょう。

できれば引越し2週間ぐらい前から、生鮮食品の買い物は控えてメニューを作っておくと、冷蔵庫を空にしやすくなります。

クーラーボックスを使って、保存できるものは取り出しておくこと。持ち運びができない冷凍食品などは処分するか誰かに分けてもよいでしょう。食材の整理ができたら、次は水抜きです。冷蔵庫には底面や横にタンクやお皿のようなトレーがついていますので、この水受けを空にしておきましょう。

運搬中に冷蔵庫から水漏れすると、故障する可能性もあるのでご注意ください。引越し業者によっては当日冷蔵庫の水抜きサービスをしてくれる場合もありますので、事前に確認してもいいですね。

水抜きをしたら電源を抜いて霜取りをしてください。冷蔵庫の機種によっては自動で霜取りするタイプもありますので、あらかじめ手順を調べておくとよいでしょう。

霜取り方法は電源を切ってドアを開けっぱなしにしておくだけ。とくに冷凍庫内の氷は製氷皿も含めて忘れずに処理してください。

 

使わない部屋の照明器具を外しておく

部屋数が多い家の引越しの場合は前日にやることで忘れてはいけないのが、照明器具の取り外しです。

当日は荷物の運び出しが忙しく照明器具まで気が回りません。取り外しを忘れてそのまま引越し先に行ってしまったら、遠方の場合は大変ですよね。

引越し前日にやることはできるだけ使う部屋を限定して、使わない部屋の照明は取り外して、余裕があればほこりなどを取り払っておきましょう。

 

暖房器具の灯油忘れずに処理する

冬の引越しの場合は暖房器具の灯油の処理を忘れずに前日に行ってください。もし忘れてしまったら業者によっては危険物の取扱をしない場合もあります。

石油ストーブを使っている場合は、できるだけ使い切るようにしましょう。もしくは早めに引越しの段取りとして灯油を少しずつ足すなど、うまく使い切るタイミングをつかんでおくと安心ですね。

もし使いきれない場合は、灯油タンクから灯油をポリタンクに移しておきましょう。それぞれの暖房機器の取り扱い説明書を確認して、保管する際の手順に従ってください。灯油を抜いたら最後は給油口を綺麗にふき取り完了。

灯油が入ったポリタンクは、引越し荷物として業者が運んでくれない場合がほとんどです。空になっていない場合は誰かにあげるか、もしくは自分で運ぶしか方法がありません。灯油を自分で運ぶ際は次の点に注意してくださいね。

・ポリタンクを厚めのビニール袋で包んでおく

・ダンボール箱に入れて移動中に倒れないように固定する

・火の元に十分注意して運ぶ

 

現金の準備しておこう

引越し やること引越し前日にやることで大切なのは、当日使う現金の準備です。引越し当日はバタバタしているので、お金が足りないので銀行ATMに行ってくるは無理でしょう。

たとえば、光熱費の清算を引越し当日にする場合があります。まとまった額になる可能性もありますので、光熱費の清算は大まかな金額を事前に調べておくとよいでしょう。

そして引越し業者への支払いを当日にする場合も、数万円の金額が必要になります。現金は多少多めに準備をしておいたほうが何かと便利で、引越し当日の食事代などで必要になることもあるでしょう。

 

貴重品は管理しやすいようにまとめる

役所関係の手続きなど、引越し後も大変ですよね。転入届、子供の学校の手続きなど大切な書類も色々あるでしょう。また銀行の通帳や印鑑などの貴重品は引越し荷物に混ざってわからなくなったら大変です。

普段は持ち歩かない大切な書類や金品関係は、持ち運びがしやすいようにバックに入れておくとよいでしょう。引越し中は家に置いておくとわからなくなる可能性がありますので、身に着けておくのも方法ですね。

引越し業者が出入りすると何かと不安になることもあります。なくして困るものに関してはほかの荷物と区別をして、目を離さないように注意してくださいね。

 

エアコンの取り外しはいつやるべき?

エアコンは、引越し当日に取り外しをすることはほとんどありません。前日までには手配しておきたいことですが、誰に依頼するか費用面でも悩むところですよね。

引越し業者では別料金でエアコンの取り外しをしてくれるところがほとんど。セットにすると引越し料金が割引される場合もありますので、見積をする際に金額を聞いておきましょう。

またエアコンは古い場合は引越し先でまた使うよりも、新しく購入したほうが安上がりになる場合もあります。取り外し、取り付けにかかる料金は数万円になる場合もありますので、エアコンの移動は予算に合わせて検討するとよいでしょう。

 

1泊旅行するようなつもりで準備

引越し前日は当日に向けて多少は体を休ませておきたいですよね。引越し前日にやることは、できるだけ使わないものは梱包して最低必要限の荷物にまとめておくことがポイントです。朝の着替え、洗顔セットなど一泊旅行に行くような荷物を準備しておくと安心ですね。

また料理や洗濯などはできるだけしないようにプランを立てておきましょう。どうしても洗濯が必要な時は近くのコインランドリーを利用したり、汚れものはまとめて引越し先で洗濯したりしてください。

 

まとめ

引越し前日にやることをあらかじめリストにしておくと、慌てずに段取りができます。なにか忘れているようでも思いつかない不安は、きっと皆さん体験しているでしょう。最近は引越し業者からも引越し前の段取りや準備についての説明などがありますので、少しでも楽にできるように、できるだけのことは前日までに済ませておきましょう。

引越しは精神的にも肉体的にも疲れること。新生活が落ち着くまでは時間がかかりますが、まずは引越しを無事に終わらせることを重要視しましょう。

-引越しのコツ
-,

Copyright© 引越し情報うぇぶ , 2018 All Rights Reserved.