引越しにまつわる豆知識やお得情報を掲載しています。

引越し情報うぇぶ

引越し情報

引っ越しで買うものリスト・準備から新生活まで必要なアイテムとは

投稿日:

引っ越し 買うものインテリアや荷物の梱包資材など、あらゆるものが頭を横切る「引っ越しで買うもの」。引っ越し当日に必要なものがなく、慌ててお店へ買いに行くのは一番避けたいことですよね。

そんな場面を回避するためにも、引っ越しが決まったら「買うものリスト」を作っておきましょう。





「引っ越しはお金がかかる」という言葉をよく耳にします。どうしても必要なものと、上手にやりくりすればコストを抑えられるもの。

このふたつを見分けることも、引っ越しの達人には必要です。引っ越しが決まって新生活で落ち着くまでは、やはり数ヶ月かかることも。

その間に必要なアイテムは、いったい何なのか。準備しておくべきものについて、詳しくご紹介します。何度もお店に行く手間を省き、引っ越しに余裕を持って準備を進めてくださいね。

 

引っ越しに向けて必要なアイテム

引っ越し 買うもの引っ越しで買うものは色々とありますが、できれば持っているものでなんとかしたいですよね。

新生活に向けて、なんでもかんでも新しいものを買うのは経済的な負担となります。そうして、引っ越しの不安が増えてしまう原因に。まずは引っ越しに向けて、買うものについてみていきましょう。

 

梱包資材

引っ越しでメインとなる荷物の移動、この際は「段ボール」「ガムテープ」「紐」などの梱包資材が必要になります。

段ボール箱は、スーパーやドラッグストアに行けば無料でもらえることがあります。できるだけコストを抑えるためにも、そういったことを活用しましょう。

それでも足りない場合は、通販やホームセンターなどで購入してくださいね。引っ越し業者のほうで準備してくれることもあるので、プラン料金に何が含まれているかも確認しておきましょう。

 

掃除道具

普段使っている掃除道具やクリーナーがあれば、引っ越しの清掃はたいてい間に合います。でも引っ越しが近くなるとその作業が始まり、掃除グッズの準備を忘れてしまう場合もあるでしょう。早めにストックを確認して、引っ越しの買うものリストに入れておいてください。

とくに時間がかかるキッチンの掃除は、専用の油汚れクリーナーがあると便利。不足しないように「スプレー」「タオル」「ブラシ」などのアイテムも準備しておくと安心です。

そして掃除に関しては、ゴミ袋も大量に必要になります。今後も使うものなので、なるべく多めに用意してくださいね。

 

引っ越し挨拶で渡す粗品

引っ越し挨拶は新居だけでなく、旧居でも一言ご挨拶しておくことがマナーです。左右両隣と、目の前のお宅。

また近所でお世話になった方たちには、粗品を持っていきましょう。その際に使うものも、忘れずに買うものリストに入れておきます。

食べ物だと賞味期限があるので、渡し損ねたときに使えなくなる可能性があります。コストを考えても、やはりタオルや洗剤セットが使いやすいもの。早めに必要な数だけ買っておきましょう。

 

引っ越し便利アイテム

引っ越し当日や荷物の梱包を事前にしておく時に、あると便利なアイテムがあります。重い家具を引っ張るときに使う、テーブルの足のカバーや大きな布。

また、滑らないようにゴム加工がしてある軍手など。これらのアイテムはとても便利ですから、100円ショップなどで購入してもよいでしょう。一人暮らしの引っ越しで、手伝いがいない時などに活用すると便利ですね。

 

新居で必要になるアイテム

引っ越し 買うもの新居で快適な生活が始められるように、引っ越しで買うものリストに足したいアイテムがあります。次のポイントをおさえて、早めに準備をしておきましょう。

 

インテリア

インテリアは自分の好み次第で、あとからゆっくりと考えられる部分。しかし、引っ越し前に考えておくべきは「カーテン」。

窓の大きさは各住まいによって異なるので、今まで使っていたサイズが合わない場合もあるでしょう。

新居の準備で行くときは「数」「サイズ」を採寸しておき、必要な場合は早めに購入してくださいね。

またカーテンレール自体が違う場合もあるため、サイズだけでなくレールも確認しておきたいですね。

そして忘れてしまいがちなアイテムが「トイレ関係」。トイレのカバーにはU型とO型があるので、これも早めに確認しておきましょう。

 

キッチン関係

キッチンでは、食器や鍋などは従来のものを使います。食器類などは、必要な場合だけ買うものリストに入れておいてください。

そして忘れてはいけないのは「ガスコンロ」。「都市ガス」か「プロパンガス」かによって、コンロを変える必要があります。

もしIHコンロがすでに設置されている物件なら、コンロに対応する鍋やフライパンを準備しましょう。

シンクの三角コーナーやスポンジなど、安価なアイテムは引っ越しの際に新しくしてもよいでしょう。

 

カーペット

カーペットは、旧居で使っていたものとサイズが異なる場合があります。必ず引っ越し前に確認して、買うものリストに入れておきましょう。

カーペットは家具を運びこむ前にセットしておきたいものなので、なるべく早く手配すること。もし当日になってしまう時は、引っ越し業者に一声かけておくと安心ですね。

 

最低限の食材

引っ越しが完了して、新生活がスタート。業者が引き上げた後は、荷物の整理が大変です。そしてこんな時にないと困るものが「食べ物」。

知らない街に引っ越して、近隣にどんなお店があるのかわからないこともあるでしょう。そんな場合を想定して、最低限の食べられるものや水などを用意しておきます。

冷蔵庫は電源が入り、その日から使える状態になります。引っ越しの合間を見て、食材を準備しておくと安心ですね。

 

引っ越しスケジュールを作っておくこと

引っ越しの買うものリストは、やることを書き出しておくとなんとなく見つかるものがあります。手際よく作業を進めるためにも、まずは引っ越しスケジュールを作成しておくと安心でしょう。

 

一ヶ月前から前日まで細かくリスト化しよう

引っ越しは前日にならないとできないことや、早めに手配できる手続き関係もあります。直前に慌てないためにも、できるだけ時間に余裕をもちましょう。

そしてやることリストは、タイミングごとに分けておくとよいですね。転出届など役場関係の手続きは、二週間前ぐらいからできることが多いもの。

大切な「書類関係」、電気やガスなどの「光熱費関係」も、早めに引っ越しに必要な手順を確認してください。

 

ガスや水道の手配

「引っ越し先で電気がつかない」「ガスがつかない」という状態では、非常に不便です。引っ越しする前日までには、必ずガスや水道などのライフラインの手続きをしましょう。

そして場合によっては、立ち合いが必要なものがあります。スケジュールを調整して、新生活に影響が出ないように準備してくださいね。

 

すぐに生活できる荷物をセットしておく

段ボール箱があちこちに置かれ、何がどこにあるかまったくわからない状態。こんな時に、旅行セットのような身の回りの用品を準備しておくと安心です。たとえば「歯ブラシ」や「洗顔セット」、「タオル」や「次の日の着替え」「お金」など。

最低でも二日間くらい、バッグひとつ分だけで暮らせるような生活必需品をセットしておくと安心でしょう。

 

まとめ

引っ越しで買うものはさまざまですが、すべて新調する必要はないので持っているものは使うこと。

なくても大丈夫なものは、とりあえず新生活の様子を見ながら考えてもよいでしょう。何かと出費がかさむ引っ越し。

その都度ひらめくものを買っていると、やはり無駄になることもあります。早めに引っ越しで買うものリストを書き出し、コスト面や手間などもバランスよく考えてくださいね。





-引越し情報
-,

Copyright© 引越し情報うぇぶ , 2018 All Rights Reserved.