未分類

新生活で必要なものリスト!とりあえずこれがあれば OK

投稿日:

実家を出て初めての一人暮らし、準備するにはどんなもの必要になるのか気になりますよね。

「大事なもの買い忘れた」「これ買おうか迷っている」など、購入後、後悔しないように必需品をまとめました。

・新生活の一人暮らしでの必需品とは?

・引越し業者の選び方 今回は、一人暮らしでこれがあれば大丈夫といえる必需品の紹介と、引越し業者の選び方についてお伝えします。

新生活の一人暮らしでの必需品とは?

必需品

新生活スタートをさせる前に「とりあえずこれがあれば生活できる必需品リスト」を全部ご紹介していきます。

どんな生活用品を揃えていけば、引越し後不自由なく生活を送ることができるのでしょうか。

必需品ラインナップ寝具・インテリア編

  • 寝具一式
  • カーテン
  • 照明

寝具一式

(布団・枕(カバー)・ベッド・シーツ)。寝具は場所をとるため、ベッド(布団)を購入する前に、スペースがあるか必ず確認しましょう。 おすすめのベッドは「シングルベッド」このタイプなら、狭い空間でも収まることができ、荷物など収納場所に困りそうなら、収納付きのベッドが便利です。

カーテン

防犯上の観点から引越してきたその日のうちに、必ず取り付けてください。

カーテンがない状態は、昼夜とわず外から室内が丸見えになり、落ち着かないですし、気が休まらないでしょう。 「遮光カーテン」なら夏は暑い日差しと紫外線から守ってくれますし、冬は熱を逃がさないようになっています。

照明

引越し当日もしくは前もって取り付けたいのが、部屋・トイレ・お風呂の照明など照明器具です。 備え付けされていない時は、入居までに取り付けてもらえるかを確認後、もし自分でセットしなければいけない場合、電球の個数を事前に確認しておきましょう。

必需品ラインナップ家電編

  • 洗濯機
  • 冷蔵庫
  • エアコン
  • 電子レンジ
  • ドライヤー
  • 掃除機

洗濯機

まとめ洗いしたい時にも頼りになる縦型の全自動洗濯機、5~6kgの脱水機能がついたものが人気です。

コインランドリーは洗濯物をもって行き来しなければならないため、時間やコストを考えると洗濯機の設置をした方が利便性がいいです。

冷蔵庫

飲料水・食べ物を一年中通して、適切な温度で保管してくれる電化製品です。

あまり自炊をしないという方は100L~150Lを購入しても十分問題なく利用できます。 コンビニやスーパーで購入した、食材をお惣菜などストックしておきたい場合には、150L~200Lサイズあると使い勝手が良いですよ。

エアコン

特に夏の暑さ対策として、暑さをエアコンがないと寝苦しくなります。そして、冬は暖まるためにも必需品と言えます。

エアコンの取り付けにかかる費用は最低一万円~、最初から備え付けのある部屋を探せばエアコン代や設置費が浮きます。

電子レンジ

冷凍食品(ごはん)を短時間で温められ時間がなくても、あっという間に用意ができるスグレモノです。

容量が15~23Lサイズの中から、温め機能さえあれば十分という方には「単機能レンジ」、自炊の割合が多い方には「オーブンレンジ」どちらも使用回数の出番が多くなるでしょう。

ドライヤー

周辺住人への配慮も含め騒音トラブル防止のために、静音タイプを選ぶようにしましょう。

掃除機

引越しの作業中にホコリ・ゴミは舞いやすく、荷物の片付け中にも部屋の中のあちこちでゴミ・ホコリが散らばるため、部屋を清潔に保つ掃除機は必須アイテムです。

ハンディタイプは片手でラクに持てるくらい軽く、細かい場所など掃除しやすいうえにコンパクト収納が可能です。

必需品ラインナップ雑貨・バス(日)用品編

  • 印鑑
  • ハサミ・カッター
  • タオル
  • ゴミ袋
  • 洗濯ネット、洗濯ばさみ、ハンガー
  • トイレット(ティッシュ)ペーパー
  • 歯ブラシ、歯みがき粉
  • ボディーソープ
  • ハンドソープ
  • 洗顔フォーム
  • シャンプー、コンディショナー
  • 掃除用品

印鑑

引越しの手続き、荷物の受け取りの際に必ず持っていないと困ります。

印鑑と通帳は引越し当日はあなた自身が管理して持ち運びします。

ハサミ・カッター

段ボールの開封時や荷物の梱包にヒモを切るために、カットできる刃物が必要です。

タオル

手(顔)を拭いたり毎日使うものとして、ハンドタオル、バスタオルなど必要に応じた枚数を用意しておくとよいでしょう。

ゴミ袋

引越し作業後、以外と思っていたよりも結構な量のゴミが出てくるのでゴミ袋は欠かせません。

生ゴミ・缶(ビン)・粗大ゴミにそれぞれ必要、住んでいる地域によってゴミ袋が指定されていることもあります。

トイレット(ティッシュ)ペーパー、ボディーソープ、ハンドソープ、洗顔フォーム、シャンプー、コンディショナー、歯ブラシ、歯みがき粉、洗濯用洗剤、洗濯ネット(ばさみ)、ハンガー

これらのグッズは、安くなっている時に買い物するとお得ですよ。

掃除用品

雑巾や床・家具に対応したスプレーを使って家具を置く前にタオルや雑巾で一度、床を拭いてホコリを取り除いておきましょう。

キッチン用品

自炊をする場合、調理器具(まな板・フライパン・包丁・ナベ・さい箸)など購入する必要があります。 必需品は生活をしていく上で、人によって変わり、生活にみあった必需品を購入することがポイントです。

引越し業者の選び方

引越し業者の選び方

同じ引越業者でも、取り扱うサービス(プラン)によって、見積もり料金はちがうため、料金一括サイトで比較することをおすすめします。

引越業者が「単身向け商品」として(単身パック・単身プラン)で展開しているか調べましょう。

2つの単身者向けパックがあるかどうか

単身者用には「単身パック」と「単身プラン」が2つあり、名前が似ているようで内容は全く違います。 この2つの内容をよく見て、どちらの内容が自分に当てはまるか確認しましょう。

単身パックの特徴

引越業者が用意している専用のコンテナに、全ての荷物を入れて運ぶ仕組みになっています。

専用のコンテナに収納できる範囲で、段ボールを収納していくだけなので、荷物が少ない方ならこのプランがおすすめ、事前に訪問見積もりの手間もなくなります。

引越しは新しく購入するものなど費用がかさむので、料金が安く抑えられるのは嬉しいですよね。

ただ、段ボールの無料サービスがないため、必要な枚数を自分で用意することになります。

引越し業者によって異なりますが、(エアコン・ベッド・自転車・大きなタンス)は運ぶことはできません。

梱包して大事に運んで欲しい荷物、大きな家具

がある時は、大手またはお住まいの地域にある引越し業者から検討することをおすすめします。

単身プランの特徴

ファミリー向けに使う1トン以上のトラックを使って荷物を運び出します。

荷物はそれほど多くないけれど、単身パックでは「荷物が収まらない」「大きな荷物を運びたい」方は単身プランが向いています。

単身プランなら、大型の荷物(家電)も運んでもらえるため、家具がある場合こちらのプランがおすすめです。

荷物が入りきらず、容量をオーバーした際は、チャーターが1台増え、その分料金があがるシステムなので注意してください。

単身パックより補償内容が充実しているため、安心度が高いですね。

作業内容の口コミをチェック

引越し業者をしぼり込んだら、比較サイトなどで書き込まれた口コミを各業者ごとにチェックしていきます。

作業内容について詳細に書かれてある口コミは、よい業者を判断するために、利用者の本音が書き込まれた口コミは利用した方がいいです。 プラス(マイナス)評価をくまなく目を通し、問題のない業者か見極め、例えば、荷物の扱いが悪い業者は避けた方が無難です。

業者のHPと連絡先を入念に確認

誰しもトラブルに遭遇したくありませんが、引越し業者との間で、万が一、トラブルに合った時、連絡が取れなくなる事態は避けたいものです。

全ての業者を疑うようにと、いうわけではありませんが、中には途中で音信不通になる業者が紛れていることもまれにあります。

所在がはっきりしてない引越し業者はHPに情報を載せていないこともあるのです。 安心して任せられる引越し業者を探し出すためにも、HPの確認と連絡先がきちんと把握する必要があります。

まとめ

家電はまとめ買いで、値引きキャンペーンを実施していることもあり、お店に問い合わせてみたり、HPでチェックしてみるのもいいですね。

必要なものが明確にするために、「これは使う」という必需品をリストアップしてメモを取りましょう。

リストアップすることで、買い忘れ防止と引越しの際もスムーズにいきます。

大手の引越し業者では、単身者向けのプランがない場合も、HPをみてプランを先に確かめましょう。

一人暮らしでも運びだす荷物量は、その人によって違うので荷物量に適したプランを選びましょう。

-未分類

Copyright© 引越しの極意 , 2019 All Rights Reserved.