引越し準備

転勤の引越しですること・急に決まっても慌てない引越し手順

投稿日:

転勤 すること転勤が決まるとしなければならない点が色々とあり、順序よくやることを考えておかないと後で困る場面が出てきてしまいます。

新しい転勤先でスムーズに仕事を始めるためにも、生活空間はしっかりと準備をしておきたいですよね。

しかし場合によっては、何の予告もなしに突然転勤の辞令が出されるケースもあります。そんな場面で困るのが、転勤の引越しですること。

本来ならば、ゆっくりとタイミングを合わせて徐々に準備したいところですが、期間が短い間には優先順位を決めてテキパキと行動しなければなりません。

では早速ですが、急に決まって慌ててしまう転勤の場合、引越しですることや慌てないコツについてご紹介しましょう。

 

急な引越しに強い引越し業者の見分け方

転勤 すること転勤は引越しが一番の悩みごとになりますが、他にも新しい勤務先に向けての準備など、ストレスが溜まる時期です。

少しでも快適に新生活を始めるには、引越しの負担を減らすために業者に依頼することをオススメします。では急な引越しに強い業者を見つけるコツについて、詳しくご紹介しましょう。

 

即日引越しを受けてくれる条件

通常の引越しは余裕を持って段取りしますので、即日に引越しというほど忙しいものではありません。

しかし仕事関係ですぐに引越しが必要になる時はよくありますので、業者がどのような対処をしてくれるのか正しく理解しておきましょう。

引越しの予約はどれくらいの余裕を持つべきか、会社によって対応は若干異なりますが一般的には2か月~3か月前に引越し業者を決める人が多いといわれています。

緊急の引越しだと、トラックやスタッフの手配ができないことを理由に断られる場合もあるでしょう。

逆に即日でも受けてくれるのは、荷物が少ない単身赴任、同じ市内での引越し、平日で時間指定がない場合などが、業者にとっては受けやすい条件になります。

 

一括見積でスピーディに業者を見つけよう

時間がない時に、自分の希望条件全てを満たす引越し業者を見つけるのは、ひと手間ですよね。

そんな時は一括で見積もり依頼できるサイトを活用し、引越し希望日を入力して比較してください。

サイトによっては電話で問い合わせできるところもあるので、まずは急な引越しであると告げて少しでも条件に近い業者を探しましょう。

転勤ですることは色々とあります。引越しも余裕があれば、細かいオプションを指定するなど、自分好みの引越しプランが立てられるかもしれません。

しかし時間が迫るにつれて、我慢しなければならないことも増えてくるでしょう。

 

ダンボールサイズの荷物だけなら宅急便も可能

単身赴任で、家具つきのマンションが会社で用意されているような場合は、転勤においての負担は多少軽減しますよね。

大型家具の引越しがない場合は衣類や雑貨など、全ての荷物がダンボールサイズであれば、通常の宅急便を使うのも可能です。

しかし金品や高価なものなどは、自分で確実に運んだほうが安心かもしれません。

 

業者が見つからない時はレンタカーを借りて引越し

引越し繁忙期の春先に転勤が急に決まった場合は、引越し業者を探しても空がない可能性があります。

この場合は時間や曜日を指定せずに、依頼することも方法の一つ。もしくは業者が見つからない時を考え、レンタカーで自分で引越しするのも考慮しておくと安心です。

念のために手伝ってくれそうな人に、早めに声をかけておくのがよいでしょう。転勤ですることは時間がなくてもあっても、ほとんどやる手順は同じです。手際よく、短時間に準備を進めるのがコツですね。

 

転勤が決まり引越しするまでの間にやること

転勤 すること転勤の引越しでする点はたくさんありますが、大切なところから優先してできることはどんどん片づけていきましょう。

 

手続き関連を早めに始めよう

洋服や食器類などの生活必需品は最悪の場合なくても、購入してその場をしのぐことができます。

でも役所関係の手続きや、ライフラインの引越し手続きは大切なので、忘れないで最初に取りかかりたいことです。

転出届は自治体によって異なりますが、2週間前から受けつけるところが多くなっていますので事前に確認しておきましょう。

またガスの開栓など、立ち合いが必要なところはスケジュール調整しておかなければなりません。

 

大型の不要品を処分する

転勤の引越しでするのは、一般的な引越しとやることは同じなので、段取りよく進めることにフォーカスしてください。

色々な家財道具がありますので、この機会に余裕がある人は不要品処分をしましょう。リサイクルショップが引き取ってくれるもの、処分するものなどはきちんと分けて、なるべく時間を取らないように上手く予定を立ててください。

不要品回収業者は料金がかかることもあるので、自治体の処理場に自分で持ち込む方法が安く不要品を処分する方法です。

急な転勤だと時間がありませんので、全てスピーディにできる方法を優先しましょう。

 

引越し挨拶も忘れずに

転勤ですることが頭の中にたくさんあると、つい忘れてしまうのが近隣への挨拶です。引越し挨拶は500円前後のタオルや菓子折りを用意して、時間のある時に早めに挨拶しておきます。

新居は引越し後でも構いませんので、品物だけを用意しておきましょう。引越し当日までに不要なものは箱詰め、掃除などできることからやっておくと時間の節約になります。

大変な時は無理をせず、手伝ってくれる人に声をかけることも必要です。

 

おまかせパックを使う

バタバタと時間が過ぎる転勤前の期間は、ストレスや疲労で体調を崩すこともあります。少しでも転勤の負担を減らすためには、引越し業者のおまかせプランを使うのもよいでしょう。

オプショナルで掃除や不要品の処分、レンタルスペースで荷物を預かってくれるサービスなどもあります。

 

まとめ

転勤の引越しですることで大切なのは、まず対応してくれる引越し業者を最初に見つけるという点です。

時間が限られていますので、一括見積サイトがとても便利。早い業者なら見積もりフォームを送信して30分以内に回答してくれる場合もあるので、急な引越しでも安心ですね。

そして不便な暮らしにならないように、ライフラインの引越し手続き、役所関係、また最終的には自分の体調を整えて、当日はケガのないように安全に引越しを行ってください。

-引越し準備
-,

Copyright© 引越しの極意 , 2019 All Rights Reserved.